EVISEN X DaidoMoriyama EYEMASK 7.875

EVISEN X DaidoMoriyama EYEMASK

構想から3年。日本を代表する写真家・森山大道氏とのコラボレーションコレクションがついに実現致しました。
1938年大阪府生まれ。1964年に独立した森山氏は、 “アレ・ブレ・ボケ ”と形容されるハイコントラストや粗粒子画面の作風を確立。
東京の街を長年にわたって練り歩き、独自の視点で切りぬくことで写真に緊張感をもたらす写真家として世界的に高く評価されています。
2019年に日本人では四人目のハッセルブラッド国際写真賞受賞。

サイズ
7.875X31

*『デッキテープあり』を選択のお客様へは貼った状態でお届けします
*『デッキテープあり(貼らず)』を選択のお客様へは貼らずにお届けします


このデッキでコンプリート(完成品)を組んで購入するには
コチラから足回りセットを同時にご購入下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

10000円の足回りセットはコチラ
☆このデッキと合わせてご購入した場合の
 合計金額は19800円となります

14999円の足回りセットはコチラ
☆このデッキと合わせてご購入した場合の
 合計金額は24799円となります

19999円の足回りセットはコチラ
☆このデッキと合わせてご購入した場合の
 合計金額は29799円となります


EVISEN(エビセン)
2011年10月に南勝美主導のもと、ライダーに丸山晋太郎、上野伸平、さらにアートディレクターに濱口和弘を加え発足したドメスティックスケートボードカンパニー。

発足とほぼ同時にファーストデッキシリーズ-BRAINSを発表。
自分たちのアイデンティティーを活かし、伝統や文化、家紋など、先人たちが築き上げてきた日本独自の文化を尊重し、落とし込んだグラフィックとなっている
同年11月今村昌良がライダー正式に加入
そして昨年発表されたLENZII にて驚きのパートを残した九州出身の宮原聖美が加入
EVISEN5人目のライダーが誕生
デッキテープありデッキテープあり(貼らず)
販売価格
9,800円(税込)
購入数